<address id="b4jcz"></address> <small id="b4jcz"></small>

      最新の動向

      偉時電子股份有限公司- 準備完了! Mini LED 車載ディスプレイ市場の需要により、大幅に成長する見込み

      2023-09-01

            2023年上半期の自動車輸出臺數は前年同期比75.7%増の214萬臺に達し、世界で日本を抜いて世界最大の自動車輸出國となり、これによって、中國の自動車生産?販売臺數が世界一位となりました。

            新エネルギー車産業が発展を続ける中、我が國には世界最大の新エネルギー自動車市場があり、関連する自動車の上流および下流のサプライサプライチェーンの発展を促進することは間違いないでしょう。中でも、自動車の電動化とAI化は業界発展の大きなトレンドとなっており、スマートコックピットは車載ディスプレイに対する新たな需要を生み、車載ディスプレイ技術の革新と反復を促進しています。

            車載ディスプレイ用途の分野では、近年、Mini LEDの技術が注目を集めています。Mini LEDは、大畫面テレビやノートパソコンなどの端末分野で徐々に普及してきましたが、すぐに車載ディスプレイの分野でもその地位を確立することになるでしょう。しかし、家庭用電気製品とは異なり、車載ディスプレイは、設計の難しさ、高い信頼性の要件、長いテストサイクルなどの課題に直面しているため、現在、Mini LED のサプライチェーンで自動車に導入されている企業は多くありません。自動車グレードの製品を提供できるサプライヤーはほとんどいないのです。

            今年初めの上海モーターショーでは、多くの自動車企業がMini LEDバックライトスクリーンを搭載した新車を展示し、Mini LED車載ディスプレイが大きな注目を集めました。爆発的に普及しようとしているMini LED 車載ディスプレイのチャンスをどう捉えるべき...鍵となるのは、同社の賢明な意思決定と技術力でしょう。

      11.png

      Mini LED 自動車市場の需要急速に成長

            人気の新しいバックライト技術であるMini LED は、従來の液晶バックライトモジュール (光源を提供) + フロントエンド液晶ディスプレイ (表示畫面) のディスプレイ構造を変更することなく、バックライトに搭載されるLEDチップのサイズを縮小することができます。このMini LEDを使用することで、コントラスト、輝度、色域などの光學特性が向上します。

            國內有數の車載ディスプレイメーカーである偉時電子股份有限公司はCINNOのインタビューで、「Mini LED技術はテレビやモニター分野で急速に浸透しているため、民生分野以外の車載ディスプレイ市場もMini LEDが利用されるようになるだろう」と述べています。Mini LEDの重要なアプリケーション市場は、將來、きく拡大?発展するでしょう

      1.jpg

            2023年、すでにMini LEDスクリーンを搭載した新モデルが多數登場しており、これは注目に値します。たとえば、4月にリリースされた新世代のリンカーンナビゲーターには、デュアル23.6インチサラウンド4K超高精細Mini LEDスクリーンが搭載されています。その最大輝度1000nitsで、強い環境光の下でも、スクリーンに映る畫像は依然として鮮明で、85% NTSC 広色域を達成しています。また、2月に Li Auto がリリースした L7 モデルでは、ステアリングホイール上の安全運転対話型スクリーンにMini LED バックライトディスプレイが使用されています。7月31日に発売された BYDの高級車ブランド「仰望」の最新モデルである仰望 U8高級バージョンには、23.6インチのMini LEDダッシュボードとMini LED助手席用エンターテイメントスクリーンが搭載されています。

            昨年11月、GM自動車、キャデラックLYRIQ、キャデラックCELESTIQ、ビュイックワイルドキャットコンセプト電気自動車の3つの將來モデルを発売しましたが、すべて超ロングMini LEDバックライト付き車載用スクリーンを使用しています。2022年初めには、Mini LED バックライト自動車のスクリーンがベンツ製の純電気自動車 VISION EQXX に採用されました。このスクリーンは、8K 解像度と 3,000 ゾーン以上のローカルディミングエリアを搭載した47.7 インチの一體型ディスプレイであり、ハイエンドの新エネルギー自動車のグローバル化のベンチマークの一つとなっています。

            ある統計によれば、これまでのところ、Mini LED 車用スクリーンは、Li Auto、SAICROEWE、GWM、NIO、キャデラック、RISING AUTO、ベンツなど、多くの有名ブランドの最新モデルに使用されています。將來的にはGM、フォード、BMW、Volvoなどの自動車メーカーもMini LED 車用ディスプレイの使用を開始することになるため、Mini LED バックライトを使用したディスプレイの市場需要は、今後ますます増加すると考えられます。

      22.png

      車載ディスプレイ技術の動向

            CINNO Research のデータによると、2022 年の車載用ディスプレイパネルの世界総出荷數は約 1億 9,200 萬枚にのぼり、新エネルギーとスマートコックピットのトレンドにより、車載用ディスプレイの需要は引き続き著実に成長することが予想されています。ディスプレイパネルの出荷量は 2023 年に2 億個まで増加すると予想されており、2030 年までに 2 億 6,700 萬個までさらに増加すると予想されています。

            この急速に成長する市場に直面して、同社はパネル、モジュール、LEDなどを含むディスプレイサプライチェーンの企業は、車載ディスプレイ市場、特にMini LEDバックライト車載ディスプレイ製品の開発への研究開発投資を増やすための行動をとってきました。

            TCL華興の趙軍最高経営責任者(CEO)は、インタビューにて、「車載ディスプレイのディスプレイソリューションは、主に新エネルギー自動車の影響を受けて大きな変化を遂げていますが、それは新エネルギー自動車に限定されているわけではありません。従來の燃料自動車も、ディスプレイ數の増加、大型化、畫像表示品質への要求の高まりとともに、タッチやセンサーなどの複數の機能の統合など、全體のフォルムや形狀が変化しています。自動車全體ディスプレイの數が大幅に増加しているのです?!?/span>と述べています。

            車載ディスプレイスクリーンの技術開発トレンドは、高解像度、大畫面、スマートディスプレイ、マルチスクリーン、拡張現実AR、曲面デザイン、省エネと環境保護、最適化されたインタラクティブエクスペリエンスなどを目指して、発展を続けるでしょう。車載ディスプレイモジュール製造會社である偉時電子股份有限公司を例に挙げると、同社は車載ディスプレイ市場において多くの革新と開拓を行ってきました。

      2.jpg

            スマートコックピット用の超大畫面バックライトモジュールの開発:液晶ダッシュボード、ネットワーク機能、車載インフォテインメントシステムIVI、ADAS運転支援システム、音聲認識、ジェスチャー認識、HUD、AR、人工知能、ホログラフィックイメージング、アンビエントライト、インテリジェンス シート等の発展に伴い、CIDコックピットディスプレイは徐々に統合されてきており、將來的には車載ディスプレイの數は増加、大型化することが考えられます。 偉時電子股份有限公司は、36.5 インチ、48 インチ、55.8 インチの曲面超大型車載バックライトディスプレイモジュールの開発および改善を継続的に行っています。

            マルチスクリーン完全貼合液晶モジュールの開発: 液晶ディスプレイ、大型のCID、助手席用エンターテイメントスクリーン、後部座席用エンターテイメントスクリーンの増加と普及に伴い、自転車に搭載される平均ディスプレイ數は増加し続けています。偉時電子股份有限公司は、自動車業界の動向と市場ニーズに適応するため、マルチスクリーン完全貼合液晶モジュールの開発に取り組んでおり、現在、12.3+12.3インチのデュアルスクリーンと12.3+27インチのデュアルスクリーン量産しています。

      3.jpg

            青色Mini LED ライトを使用したディスプレイモジュールの開発: スマートコックピットの人気に伴い、車載ディスプレイはますます大型化していますが、従來のフルライトバックライトモジュールの高いエネルギー消費が、特に新エネルギー自動車において課題となっています。この新技術は、小型青色Mini LEDと蛍光フィルムを組み合わせることで、より優れたローカルディミング効果と消費電力の削減を実現しています。偉時電子股份有限公司は、消費電力を削減するために、青色 Mini LED専用の全自動ダイボンディングライン技術を使用したローカルディミングバックライトディスプレイモジュールを開発しました。

            アクティブプライバシーバックライト技術の開発: 歐米では、運転中の安全を保障するために、ドライバーの運転中のディスプレイの視野角範囲の制御が提唱されています。將來の助手席のディスプレイには、助手席の畫面の內容がドライバー側からは見れないようにする「プライバシー」機能が搭載される予定です。偉時電子股份有限公司では、このアクティブプライバシーバックライト技術の開発を積極的に強化しています。

      33.png

      成長中のMini LEDの市場

            Mini LEDは、従來の液晶と比較して、超高コントラスト、超高輝度、広色域という特徴があるため、OLED技術と比較して、信頼性、安定性、超高輝度の點で優れています。

            偉時電子股份有限公司は、「車載ディスプレイの動作溫度、市場、製品の安定性、信頼性は家庭用電化製品よりも高いため、車載ディスプレイにおけるOLEDスクリーンの大規模開発はまだ始まったばかりです。車載用Mini LEDバックライトディスプレイは『薄化、小型化、分割化などのメリットがあり、畫質、彩度、コントラストなどの點で優れているため、製品の壽命、耐衝撃性、高溫?低溫耐性、安全性、省エネなどの面でも高い基準と要件を備えています。さらに、従來の液晶と OLED と比較して、コスト上のメリットがあるため、中級から高級モデルの車載用ディスプレイに選ばれています?!?/span>と述べています。

            偉時電子股份有限公司は、Mini LEDとローカルディミング技術を活用して、液晶の高畫質化とともに、點燈するLEDの數を減らすことで、液晶の消費電力と発熱の低減を実現しました「デュアルカーボン省エネの考え方によって、自動車の開発は消費電力の削減と軽量化の方向に進んでいます?!工?/span>偉時電子股份有限公司はCINNOに語っています。

      4.jpg

            スマート化の流れに伴う車ディスプレイの大畫面化や多畫面化により、車ディスプレイ、特に構造部品の軽量化が自動車全體の軽量化の実現に影響を與える重要な要素となっています。偉時電子股份有限公司は、マグネシウム-アルミニウム合金などの軽量材料を使用し、構造部品に一體成型プロセスを採用しているため、大畫面およびマルチ畫面構成モードでの耐荷重強度と安定性確保できるだけでなく、車載ディスプレイ全體の総重量を大幅に軽減できるため、これは徐々に車載ディスプレイの分野で主流の軽量化ソリューションになってきています。

            Mini LED を自動車に搭載する過程で、自動車メーカーが現在懸念している 2 つの要素は、AEC規格とコストです。この點に関して、CINNO Researchのリサーチディレクターである劉雨実は、サプライヤーが提供するソリューションが革新的かつ差別化されており、優れた競爭力を備えていれば、自動車メーカーはコスト管理を適切に緩和する機會があるだろう述べています。実際、自動車メーカーは、コスト要求に対する各サプライヤーのAEC規格の満足レベルや技術レベルを重視しています。

            Mini LED バックライト車ディスプレイAEC規格に合格する必要があると考えられており、従來のディスプレイのAEC規格の認証期間は約1年ですが、Mini LED は新しいディスプレイ技術ですので、認証期間は16~24か月と長くなっています。そのため、OEM は Mini LEDのサプライヤーをより厳に選択するようになります。

            Mini LEDのサプライチェーンの上流と下流だけを見ても、數多くのサプライヤーが存在しますが、車載製品の検証には非常に長い時間がかかり、また製品要件も厳しいため、現在Mini LED 車載ディスプレイの開発行っている企業BOE、TCL華星、Innolux、IVO、偉時電子股份有限公司、HGC、Longli Technology、Highway Technology、Skyworth Digital など、の數は非常に少なくなっています。

            現在、國內メーカーはすでにMini LED ディスプレイ分野で完全なサプライチェーン能力を備えており、共同開発を通じてMini LED ディスプレイ製品のコストはさらに削減されています?!窶ini LED などの新しいディスプレイ技術は、まだ車ディスプレイ用途への導入の初期段階にあります。技術革新と製品コストの削減により、Mini LED 車ディスプレイ製品の出荷は急速な成長を維持するでしょう?!工?/span>、CINNO Research は指摘しています。

            車載ディスプレイモジュールのリーディングカンパニーとして、偉時電子股份有限公司は、車載アプリケーションにおけるMini LED 技術の良好な開発體制を構築しており、技術革新、特許出願、および量産生産能力への投資を増やし続けてきました。偉時電子股份有限公司はCINNOに対し、「偉時電子股份有限公司は2008年に車載ディスプレイ分野に參入し、3年前にMini LED車載ディスプレイアプリケーションの開発を開始しました?,F在、超大畫面Mini LED、曲面、形狀などの統合バックライトモジュール製品開発に成功しています。同時に、ベンツ、BMW、Ford、GM、BYDなどの國內外の有名な自動車メーカーから固定注文を受けており、10件近くの注文が2023年後半から順次量産移行する予定です?!?/span>と、述べています。

            CINNO Research の調査データによると、2022 年の世界の車載用バックライトモジュール出荷臺數の上位3社は、Wai Chi Holdings、偉時電子股份有限公司、Yourshine した?!附襻釘的觊gで自社の市場シェアが20%を超えるよう努力します。」と、偉時電子股份有限公司は目標を明らかにしまし。

            市場公開情報によると、偉時電子股份有限公司は2020年に昆山開発區の工場拡張のために5億3,400萬元を調達し、昆山工場の敷地面積は55エーカーを占め、バックライト拡張と裝飾パネルの新規プロジェクトの面積は60エーカーを占めています?;窗彩肖屋X量化車載新型ディスプレイコンポーネントプロジェクトの面積は100エーカーを占め、第4四半期に建設が開始される予定で、さらに政府は同社のために100エーカーの土地を確保しています。

            現在、偉時電子股份有限公司の人材育成と研究開発への投資は、年間 1 億元を超えており、Mini LED 技術に加えて、HUD、OLED 3D 曲面貼合、車載航空ディスプレイなどの分野にも投資しています。偉時電子股份有限公司は、車載用ディスプレイバックライトモジュール市場に加えて、世界的に有名なソーシャルプラットフォーム VR バックライトディスプレイモジュールを提供し続けると同時に、社の健全で持続可能な発展を維持するために、ゲームコンソール向けの成長市場も積極的に開拓しています。

            Mini LED 車載ディスプレイアプリケーションがいつ本格的に普及するかについての業界の懸念に関して、偉時電子股份有限公司は 2023 年から 2025 年が重要な時期になるだろうと考えています。車載ディスプレイ分野におけるこれらの大きな進展は、Mini LED 技術の応用の始まりにすぎず、將來的は、技術革新、コスト最適化、ソフトウェアとハードウェアの連攜という多次元かつ複數のシナリオの競爭が激化するだろうと予測されます。


      記事はCINNOから引用: https://mp.weixin.qq.com/s/fZcJvNZL3e0exkAL80o5KQ