<address id="b4jcz"></address> <small id="b4jcz"></small>

      最新の動向

      Ways:自動車の「新四化」に身を投じる

      2019-11-21

      iPad、電話、畫期的なネットワーク通信裝置……これは3臺の別々のデバイスではありません。これをiPhoneと呼ぶつもりです?!?007年、サンフランシスコのモスコン展示センターで、ジョブズは短い紹介で、數億人の消費者のために色とりどりの時代を開いた?,F在、カラースクリーンは生活の隅々に浸透し、アウディA 8が中央制御だけで3つのディスプレイを使用しているように、増量、拡大したスクリーン?內裝を使用する車も増えています。
      この波の中で、バックライトモジュール及びIMLパネルに長年特化してきたWaysが急速に臺頭していることを示している。フォード、ベンツ、BMW、トヨタなどの「巨人」の肩に立ち、Waysは世界の車載バックライトモジュール及び車載IMLパネル分野をリードする企業となった。

      「當社は幸運にも自動車産業の変革の時代を迎えました。當社がこの業務に従事し始めた當初は、車載モニターのスクリーン比は一般的に1対0.3でしたが、1対0.5、1対1になりました。今、この比は急速に変化しており、最新の數字は1対1.76です。今の新車が積み上げられている大きなスクリーンを見ると、この比はすぐに1対3、1対5になると信じています。これが私たちの発展空間です」偉時電子の副董事長、総経理の山口勝氏がそのように紹介した。


      細分化領域の「堀」を作る

      「車載ディスプレイは攜帯電話のディスプレイほど高級ではないようで、解像度が高くなく、フレームが大きいという消費者もいます。実は、消費レベルディスプレイと車載ディスプレイの規格には大きな差があり、それぞれの得意分野があります」。山口勝はいくつかの消費者の心の中の疑惑を解いた。

      使用環境の角度から見ると、電子部品の多くは以下のいくつかのレベルに分けることができます:消費レベル、工業レベル、車規レベル、軍規レベル、宇宙レベル、それらは使用環境の劣悪度によって低いから高いまで順位を付けることができます。消費レベルのディスプレイはiPadを例に、公式提案の運転溫度は0 oCから35 oCで、保管溫度は-20 oCから45 oCの間で提案され、その中でリチウム電池の使用要求を満たすだけでなく、液晶ディスプレイの環境に適応する必要があり、溫度が低すぎても高すぎてもディスプレイを損なう。消費レベルに比べて、車規レベルのディスプレイは適応する必要がある環境がより悪い。動作溫度では、-35 oCから85 oCまでの合計120 oCの溫度差に直麺する必要があります。同時に、車両は長期にわたって高速運行狀態にあるため、車規級ディスプレイは防塵、振動、幹渉防止、耐久、衝撃などの専門的なテストを受ける必要があり、各テストは基準を満たす必要があり、自動車に搭載することができる。

      車規級の厳しい基準の背後には、偉大な時の電子の核心競爭力がある。2005年には、Waysはバックライトディスプレイモジュールの生産に従事し、2008年から車載分野に進出した。長年の蓄積を経て、會社は精密金型開発製造、構造部品開発と生産、導光板開発と生産、電子部品組立などの肝心な技術を掌握し、高精度、高一緻性の生産技術と技術を持ち、高輝度導光板開発、薄型導光板開発、直下型バックライト開発、超狹額縁バックライト開発、大サイズバックライト開発、モジュール貼り合わせなどを主體とするコア技術體係。

      「私たちの製品は業界最高基準に達し、95 oCの高溫に1000時間以上耐えられ、高濕のテストもあり、95 oCから-40 oCに下がる冷熱サイクルテストもあります」。山口勝氏によると、安全、便利などの需要を満たすために、車規級ディスプレイは非常に考慮しなければならないという。

      技術が強いかどうかは、お客様のリストで話します。Ways電子はシャープ、JDI(ジャパンディスプレイグループ)、深天馬などと長期的に安定した協力関係を構築し、端末応用車企業はフォード、汎用、ベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲン、トヨタなどの車企業である。

      山口勝氏によると、同社は次世代車載ディスプレイの開発に參加した?!弗钎濂ⅴ毳攻戛`ン」「異形スクリーン」「曲麺スクリーン」などの未來感のある製品がますます自動車に登場するだろう。

      自動車産業の変革

      幕を閉じたばかりの北京モーターショーは、変革中の自動車産業に方向を示したに違いない?!钢穷I未來」のテーマは世界の自動車業界の「新四化」(知能化、電動化、ネットワーク化、共有化)の傾向を際立たせ、多くの國內外のメーカーが「新四化」の麺での最新製品と技術成菓を集中的に展示している。

      消費者にとって、「新四化」が自動車にもたらした最大の変化は、車內ディスプレイがますます多くなり、ますます大きくなることだ。例えば、ベンツの複數の車種は「ダブル12.3インチ大畫面」を使用しており、一部の車作りの新勢力企業は中製御プラットフォーム全體をディスプレイに敷き詰め、46インチの一體化ディスプレイを作っている。

      業界関係者によると、自動車はもう簡単なA點からB點までの移動ツールではなく、クリーンエネルギーを持つモバイルスマート端末に変わった。スマート端末として、自動車は液晶ディスプレイの需要を牽引し、1臺の自動車の中に3つ、5つ、8つのディスプレイがあるのは普通のことです。

      産業の波の中で、車載ディスプレイの出荷量は急速に向上している。IHS Markitの研究によると、2015年から2018年までの世界の車載TFT-LCDパネルの出荷量は著実に増加し、それぞれ1.18億元、1.35億元、1.48億元、1.62億元だった。2019年は多くの要因の影響を受け、TFT-LCDパネルの世界出荷量はわずかに低下したが、依然として高いレベルを維持している。

      中泰証券の研究報告によると、デジタル自動車とスマート自動車の時代が到來し、車載ディスプレイ市場の噴出的な成長を推進している。人々の可視化運転體験、自動車の快適性に対する要求は絶えず高まっており、車用映像、ナビゲーション情報の需要は急増しており、車載ディスプレイの発展の方向はサイズの大型化、ボタン立替スイッチ、スマートインタラクティブ、情報がより豊富である。2020年には1臺あたり平均4枚のディスプレイを組み合わせ、平均サイズは8インチを超えると予想されています。

      山口勝氏によると、車載液晶ディスプレイには少なくとも1つのバックライトディスプレイモジュールが必要で、一部の大型液晶ディスプレイには2つ以上のバックライトが必要で、これは巨大な市場発展空間だという。

      上場は偉時電子が巨大な市場チャンスをよりよく迎えるために基礎を築いた。計畫によると、今回のIPO募集資金(発行費用を差し引いた後)はバックライトの拡張と裝飾板の新築プロジェクト、生産ラインの自動化技術改革プロジェクトと研究開発センターの建設プロジェクトに投資する予定だ?!杠囕dディスプレイ分野を深耕すると同時に、私たちは自分の強みを利用して、より広い分野に展開します?!股娇趧偈悉摔瑜毪?、同社はシャープのスマートフォンに応用されるバックライト表示モジュールの注文を取得し、シャープグループのノートパソコン、VRなどの消費電子表示分野でのバックライト表示モジュールの注文を獲得している。同時に、會社はまた自動車産業チェーンの2級サプライヤーに邁進し、自動車タッチパネル、バックライト製品集を車載液晶表示モジュールとし、Visteonの注文を取得した。
      「自動車産業変革列車は整備されており、私たちはすでにホームに立っている。今回のIPOを通じて、私たちはこの高速列車に便乗して、もっと大きな発展を実現したい」。山口勝は言った。